読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WHITE NOTES

主にトッテナムホットスパーの分析

15-16トッテナムホットスパー研究①

・今シーズンのポチェッティーノはチームを一気に改造した。昨シーズンの地盤固めから一転、細部まで現代的なチームに仕上げている。

4-4-2、4-2-3-1、4-2-1-3、4-3-2-1、4-3-1-2、3-4-2-1、3-1-5-1とシステムを同じ選手で試合中に可変しまくるのがポチェスパーズ。選手によって変えているのか、選手の判断なのか。エリクセンの位置で決まっているのか。4-3-2-1のまま1試合やる時もあるので何とも言えないが、今後どのように完成させていくか楽しみ。

・「選手の素材」を活かすのが戦術の最大目的とすると、今の布陣で外せないのはエリクセンエリクセンはトップ下、左サイドハーフ、右サイドハーフ、左インサイドハーフ、右インサイドハーフボランチの全てのポジションを遜色なくこなせて、流動的なピッチ全体のバランスを見れる。彼はなんと言えばいいか、上手く言語化できない。底が見えないし、スパーズに来て一番成長した選手。

・ケインは絶対的なフォワードになった。両サイド、1トップ、10番のスペースでのポスト、空中戦、ドリブル突破、サイドチェンジ、クロス等ゴール前以外の仕事もこなせる。ゴール前での細かいラストパスは得意では無いが、それをカバーする両足からのシュート能力。振りぬく速度が化け物級で、コースにズバッとミドルシュートを打ちきれる。ファーへの巻いた、いわゆるコントロールシュートも狙えるようになり、しかも左足で打てるのが凄い。

・シャドリの復帰、進化。最前線から流れ、ペナ角付近のエリアでボールを預けられる存在になれたのは大きい。エリクセン、デレアリ、ラメラには中々こなせない仕事。シャドリだけでは厳しいが、ソンやエンジェと組めばケイン不在でも十分機能する。

・ベンタレブとキャロル

前者はアンカー、後者は2列目起用がフィット。キャロルの判断スピードと瞬発に得点とアシスト、守備が増えてくると面白い。

ベンタレブはワンタッチでの配給といなしでダイアーに比随かそれ以上。大成するための大きなステップとなる単体でのゲームメイク(ペースダウン、リンクの中心)が欲しい。